久米島のダイビングショップ / JiC久米島

JiC久米島は「あなたに合わせるお店作り」をモットーとしている
沖縄県の離島・久米島のダイビングショップです

ブログ & NEWS

1コン、2コン、サンコーン

未分類 2007/09/10

オスマン・サンコンは介護ヘルパー2級らしいよ。

どうも、テツです。

まぁ、だからどうしたってことですが。

朝この人に捕まったらめんどくさそうですよねぇ。

あ、そりゃウィッキーさんか。

さてさて今日の久米島。

今日は朝からまたもやレイニーです

非常に重い雲が久米島を覆っています。

波もパシャパシャ、いや~な感じでたっております。

そして、今日のお客様は明日もまだ潜る日にちがあります。

なので、大事に大事に大事をとって今日はダイビング中止です。

そうなったら本日潜る予定だった方々に中止の連絡です。

日本人の方は電話で話がちゃんと出来るので問題なしです。

問題は先日も潜った外人さん。

さてさてどうしたもんかと思っていたところに

タイミング良くお店に来てくれました。

で、身振り手振りで話をしてダイビング中止を説明。

目と目を合わせてしゃべれば何とかなるもんです。

以上で朝の連絡は終了。

あとは今日一日、溜まっている事務作業をこなすだけです。

10時ごろ、ちょい用で外へ出てお店に戻ってくると

ホテルマリンテラス久米島のスタッフさんから

『JiCスタッフがお店に戻ってきたら部屋に連絡して欲しい』とさっきの外人さんからの伝言が。

なんだろうと思い、連絡をしてみる。

マイネームイズテツ!(とりあえず名乗っとこう)

ファッツアッ~プ!(とりあえず元気に挨拶だ)

ファット・・・

・・・

・・・・

・・・・・

どうしたぁ?

出てきた言葉はまさかの日本語。

隊長、やはり電話では無理です。
ぼくには荷が重過ぎました。

外人さんは「ペラペーラ、ペラペーラ」となんかしゃべってますが

すでに負け戦、耳は餃子と化してヒアリングを拒否しています。

そして電話では埒が明かないので、

目を見てしゃべれば分かると

アグレッシブにポジティブシンキングして

プリーズ、ヒアー、カム。(ここに来てくれと言いたい)

と言ってみました。

すると相手も察したのか『おっけー』との返事。

これであとは目を見てしゃべればなんとかなる。

ひと時の安堵感に包まれる僕。

そのときふとぼくを見ている視線に気がついた。

ふりむけば大学時代の後輩がそこに。

そいつとは仲が良かったが卒業して以来、会うのは初めて。

ひっさびさに会うのが久米島なんて、なんてミラクル!

しかもマイネームイズテツとか

言ってるの聞いちゃってるし!

いろんな意味でミラクル!!

話を聞いたらほんとに

たまたま久米島に来て、

たまたまマリンテラスに泊まって、

たまたまホテルのフロントにいたそうな。

もちろん、ぼくが久米島にいることも知らない。

はじめは僕に似てる人かと思ってたらしいが

「マイネームイズテツ」でぼくと確信したらしい。

東京ではたまーにばったり友達に会ったりはあるけど、

久米島では初めてでした。

しかもそんな場面で会うとは。

いやいや、人生いつどこで出会いがあるかわからんですねぇ~。

あ、外人さんは先日使ったマイ器材をお店に取りに来たかったようです。

そんなん、電話で言われてもワカリマセン。

コメントを書く







コメント内容


Calendar

2007年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Comment

Archives