久米島のダイビングショップ / JiC久米島

JiC久米島は「あなたに合わせるお店作り」をモットーとしている
沖縄県の離島・久米島のダイビングショップです

ブログ & NEWS

兼城十五夜村あしび

その他 2013/09/20

皆様、こんにちはヒロシです。

さっそく、恒例の今日の天気から

今日の天気

昨日と、天気は変わらずですね

台風19号の影響を受け、風が強く波も高いです

少しづつ、風向は変わってきているのかな~

って、感じではありますが・・・。

今日は、雲が多い一日でしたよ

そんな今日は、ダイビングは中止となりました

安全を考えての判断・・・。

自然には勝てないってことを、痛感させられます

まぁ~、そんな暗くなってもしょうがないですから

今日のブログでは、昨晩開催されていた『兼城十五夜村あしび』

というお祭りの模様を、お伝えしたいと思いま~す

そもそも、十五夜とは・・・?

十五夜は満月のことで、年に12~13回巡ってきます

満月

平安時代から、お月見の宴が開催されていたようで

江戸時代からは、収穫祭として親しまれるようになったみたいですね

兼城(かねぐすく)地区では、旧暦8月15日に『十五夜』が開催され

白瀬早川節、しゅんどう、獅子舞の3つの演目が上演されました。

僕は、途中から見に行ったので

しゅんどう&獅子舞の写真を撮ってきましたよ

しゅんどう

しゅんどう

琉球古典舞踊の中で、唯一の仮面踊り

美女と醜女の心情を表現した、面白い演目です

飛んだり跳ねたり、ガッツポーズ?をしたり

黒い衣装の、醜女の動きが面白かったです

獅子舞①

獅子舞

疫病が蔓延した約200年前に

厄払いや、五穀豊穣祈願をするために

始められたという歴史があるらしいです。

獅子舞は、ダイナミックな動きが凄かったですね

獅子舞の最初は、美女の踊りから始まり

獅子舞②

変な男が、舞台袖から顔を出す

獅子舞③

そして、最後に皆で踊る

獅子舞④

中国と琉球を航海する、船の寄港地として栄えた久米島

両国の交流を示す、様々な文物や伝統芸能が伝わっているようですが

最近では、その伝統芸能などが途絶えつつあるらしい。

伝承するって、難しいものなんですね・・・。

これからも頑張って、後世に残していってほしいですね。

さてさて。

ここ数日、台風の影響により船が出せていません

明日も、朝の海況判断になりそうですね

早く過ぎ去って、海が回復してくれるといいのですが・・・。

せっかくの連休なんだから、神様も意地悪しないで下さい

明日こそ、船が出せますように

潮:大潮
風向:東
天気:曇り
気温:32℃
水温:データなし
透明度:データなし
ポイント:データなし

コメントを書く







コメント内容


Calendar

2013年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Comment

Archives